teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


来場者の声4

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 3日(日)09時15分7秒
  わたしのシャレで展示した「自画像」。「水谷豊みたい」と言う声に「実は私です」と顔をだすと「そういえば少し似てますね」といわれるとシャレにもならず次の言葉がでなくなります。横にいたMさんが「奥さんも蘭チャンに似ていますよ」とひとこと。いくら本人がいないからと言って嘘をいっちゃいけませんよ。  
 

来場者の声

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 3日(日)09時09分25秒
  きのうも大うけだったのが益富さんのマジック。久保田様ご一行を中心に10数名が息をこらして見守る中、カードマジックが成功すると一斉に拍手。益富さんをして「最後にやっといいお客さんにであった」とのこと。一番弟子の吉竹博子さんがリボン抜けで2度失敗しても爆笑と温かい拍手。本当にマナーのいいお客さんでした。久保田さんの5歳のお孫さんは益富のマジックに魅入られ、超能力者と信じたのか、このあとも益富さんにビッタリ。収穫祭でも隣に座っていました。子供さんは素直で正直ですね。  

訂正

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 3日(日)09時00分14秒
  毎日急いで書き込んでいるので気がつけばいろいろとミスがありましたので訂正させていただきます。衣川さんの刺繍で洋裁店と書きましたが、手芸店のまちがいです。鳥居さんの苔玉に十文字草としましたが、大文字草でした。十と大で花の形は似ていますがやはり間違いですね。京都の夏の風物詩が十文字焼きでは意味不明になってしまいますね。すみません。まだほかにあったらお許しください。  

来場者の声2

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 3日(日)07時42分25秒
  写真への関心は高く田中さんの「大雪の降った日」は青みがかった仕上がりに『何か加工するのですか、こんないい色がでるのは」と訊かれますが答えられませんでした。ポルトガルをテーマにした榎本さんと衣川さんの作品はポルトガルへ行った方も多く見入っていました。「ここはポートワインの発祥の地だよ」はいいのですがナザレの海岸は「ヌーディストの集まる海岸だけどおふたりの写真にはひとりも写ってないね」といわれても・・・本当ですか。意外といっては失礼ですが、大橋さんの「ハル」チャンの記録はみなさんが手にとってみていきます。『うちの犬にそっくり」と言う方に「私から見ると柴犬はみな同じにみえますが」とうっかりいうと「そんなことはありません。3種類の顔があります」とおこられました。  

来場者の声1

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 3日(日)07時28分58秒
  いよいよ最終日です。きのうは収穫祭でしたが、例年は来場者が減る午後も多くの方がこられたようで1日で60人くらいこられたようです。皆さん「素人ばなれしたすごい仲間の集まりですね」とうらやましがられます。きのうも清里に最近移ってこられたMさんは「こちらに移って新しい友達と知り合う機会がないので、来年はぜひあおぞら農園に参加させてもらいます」と喜んで帰っていかれました。  

番外編

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 2日(土)08時56分42秒
  金曜日の朝日新聞に載ったことはお伝えしましたが、谷桜さんによるとこの会場で開いた催し
でこれだけ大きく載ったのは初めてとのことでした。「おめでとうございます」といわれましたがおめでたいのでしょうか。男4人が作品の前で指差しして見ているというミエミエのポーズが大きな写真になっていましたが、もう少し自然のポーズがとれなかったかと反省しています。
 

マジック

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 2日(土)08時45分35秒
  いよいよ最後になりましたが、トリは益富さんのマジックです。前回から実演になりましたが来場者も目の前でカードマジックを見る機会はなかなかないので大喜びです。去年より演目も増え、指前
(?)も話術も格段にあがりプロ顔負けです。1回見せただけでは納得せず、なんとかタネを見つけようと2回も3回もやってくれとせがまれ益富さんもタジタジです。しかしこれだけ近づいてみてもタネがみつかりません。みなさんも是非体験してみてください。
普段おとなしい方が意外としつこく質問してあげくの果てにカードに触ろうとするかと思えば、意外な人があっさり感心したりして観客の反応をみるのも楽しいです。
 

押し花

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 2日(土)08時31分37秒
  押し花はやはり風景ではなく花のよさを生かした作品のほうが好きですね。と言う声が多いようですが、藤原さん、西田さん、吉竹さんの作品がまさにそうですね。西田さんは初日に展示した作品が気に入らないと金曜日に東京から別の作品をわざわざ持ってきていただく力の入れように涙がでますね。なかなか畑にいけない理由がよくわかります。吉竹さんの「桜」を押した作品は
背景の和紙との調和がよく、着物にしたいと好評です。なかには「尾形光琳」の絵を連想します
という声もでましたが、ちょっと褒めすぎの気がしますが・・・。いずれにしてもこの3人の作品には品があるという声が多いのは確かです。
 

苔玉

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 2日(土)08時22分6秒
  毎年人気の苔玉もすっかりおなじみになりました。作者の鳥居さんはこの時期木のことりに忙しくなかなか会場には現れませんが、今回も十文字草など部屋に置きたい苔玉が並んでいます。
最終日には特価で販売されますが、すでに予約済が多く残りは早い者勝ちですよ。来場者からは
あの鳥居さんがどうしてこんなものを作れるのかとイメージの違いにびっくりする声が多くきかれます(私が言ってるのではないですよ)。
 

押し花

 投稿者:夢彩園  投稿日:2013年11月 2日(土)08時14分41秒
  見所のご紹介も残り4つになりました。益富さんの洋服は受付のすぐ前に掛かっていて、来場者がすぐに「かわいい」「センスがいい」と感心してくれる作品です。ウエストにあうパンツを作ったらそれに合う上着がほしくなり、最後はカジュアルにしあがったので、これに合ったバッグが必要になって結局3点作ることになったようです。これを着ているところをみたいという声が多く、日曜日の出演をお願いしてるのですが、いい返事はまだありません。  

レンタル掲示板
/28