teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


不参加

 投稿者:kekokeko  投稿日:2012年11月 9日(金)23時47分12秒
  明日、漬物会に申込いたしましたが
朝10時には、辿りつけそうにありません。
申し訳ありません。(;_;)
 
 

辛し漬け

 投稿者:おた母  投稿日:2012年10月31日(水)09時01分49秒
  恒例の大根辛し漬けを時期になりましたので、先日収穫祭の場所で参加者のみなさんで相談して下記
日程にきまりましたので希望なさる方は参加なさって下さい。

  日時場所  11月10日(土曜日)午前10時~青空農園ティビ一小屋
  用意するものは大根、漬け桶(5k~10k、を各自選択)
  他の材料は無駄にしないため共同購入いたします。
 

感謝、感激\(^O^)/

 投稿者:おた母  投稿日:2012年10月29日(月)09時17分12秒
  青空農園文化祭・・発想、計画、実行、に至までには、発案者の実行委員長並びにお手伝いくださった方
のご苦労、出品くださった方々のご協力頭が下がるおもいです。
青空農園わを盛り上げてくださり心より感謝致しております。おもえば十五年よくぞここまで、当時荒れ果てた
休耕地を開拓してきたと老婆心ながら喜びの気持ちで・・・・・。
スタッフの皆さんにたすけられ今日に至まで息子も我が子ながらその苦労を労ってあげたいと心の片隅では拍手
勿論このおた母も((^○^))\(^O^)/

最後になりましたが農園の皆様のご協力に感謝致しこれからももりたてていただきたく宜しくお願いいたします。

薄識浅学なこのおた母も皆様からの教養、品格を吸い取り人間としてだいぶ成長したことをご報告致します(笑い)
 

お疲れさまでした

 投稿者:文化祭参加者  投稿日:2012年10月29日(月)08時48分29秒
  楽しい文化祭ありがとうございました!! 吉竹様ご夫妻をはじめ皆様お疲れ様でした。吉竹様には毎日会場の様子やその日のトピックスなどを詳細に伝えて戴き、会場の様子が手に取るように目に浮かび毎日会場に行っているように思い楽しみに拝読させて頂きました。奥様には会場での来場者へのおもてなし等、お疲れ様でありがとうございました。今回来場者も320人になったようで盛況でよかったですね。又次回「あおぞら農園文化祭」に参加させて頂きたくお会いできる事を楽しみにしています。  

お会いしたかった

 投稿者:食いしん坊  投稿日:2012年10月29日(月)08時42分54秒
  荒川じんぺい氏がお見えになったのですね。石を組んで炉を作った当時が思い出されます。
その頃は炉を使ってバーベキューとかダッチオーブン料理にも熱心でした。ご無沙汰して
おりますのでお会いしてお話等をしたかったです。来年こそは展示会に何か出品したく思って
おります。
ジャンケン大会は盛り上がりましたか? 何方がビーズ織アクセサリーをゲットしたので
しょうかね。

http://www.geocities.jp/hotsuruga/

 

御礼

 投稿者:夢彩園  投稿日:2012年10月28日(日)21時16分58秒
  最終日心配された雨も搬出の時には雨もなく多くの出品者にお集まりいただきあっという間に片付きました。皆様の協力、チームワークのよさで楽しい9日間がこれまたあっという間におわりました。「楽しくてやがて淋しき祭りかな」という気持ちでいっぱいです。来場者も320人と昨年の2割増し2年前の190人に比べても大幅な増加でした。
そしてなによりも来場者が感心される楽しくてレベルの高い「おもちゃ箱」が喜んでいただけた理由だとおもいます。

「みどころ」も失礼で勝手な書き方でしたがこの場をお借りしてお詫びさせていただきます。
それでは最後にNHKの松平アナの得意なフレーズで締めさせていただきます。
「今回も最後まで見ていただきありがとうございました」。

 

閑話休題2

 投稿者:夢彩園  投稿日:2012年10月28日(日)21時03分25秒
  きのうのの収穫祭で留守中に畑のOBで畑の石窯を作っていただいた作家の荒川じんぺいさんが見にこられました。どんな感想を持たれたかお聞きできなかったのが残念です。

つる篭を2つ無断で売ってしまった失敗はご報告しましたがその後日談。もちろん作者の桑尾さんは笑顔で許してくださいましたが、見学者のかたで「家でブドウ畑をやっているのでつるならいくらでもあげるわよ」と言ってくださり桑尾さんと連絡がとれ、桑尾さんにも喜んでいただけました。これぞ「つるの恩返しです」(これが言いたかったのです)。

もうひとつの失敗は久保田さんの和風パッチワークキルトの「鯉」は最終日に指摘されるまで上下逆さまの展示に気がつきませんでした。これだけ大勢のひとが見てだれも「鯉の滝下り」になっているのを指摘しなかったのが不思議ですが、それだけ鯉が生き生きしていて目を奪われていたからでしょう。弁解ではありません。

このみどころもおかげさまで好評でした。岡山からかけつけてこられた竹井さんは「6日目までをコピーして新幹線の中で読んできました」といっていただき、出展されていない中村さんも「あれを読んでいたら作品をみたくなってでてきました」本当にありがとうございます。
 

お客様の声2

 投稿者:夢彩園  投稿日:2012年10月28日(日)20時40分30秒
  地元の絵描きさんのUさん「絵も含めてすばらしいレベルで感心しました。町の文化祭よりよっぽど上だね」同感です。辛口で有名な(お酒の味ではありませんよ)谷桜のk社長珍しく1時間もみていただき
帰りがけには「いい目の保養をさせていただきました」。畑の岡地さんが6000円も買い物する前ですからお世辞ではないでしょう。個別では衣川さんの写真集はだれもが昭和40年代を懐かしみ「いいね。白黒もいいもんだねえ」と感心しきり。國田さんのパッチワークキルトの大作には「いやだよー。こんな大きいのに全部かがってあるよー」と難しさを知っていろ方の感想。宮澤さんの鎌倉彫も「自分で塗ったもののほうが味わいがありますね」という方もおられました。國田さんの水彩「習うまえには僕には芸術的才能はまったくないと聞いていたのに、3年でこんなにうまくなられたのですか」とのこと。中木さんの写真の「花4題」には「これは絵ですか」と聞く人も。どうみても写真とわかりそうですが、きれいすぎるとこういう質問もでるのですね。これは榎本さんの写真でも聞かれました。金田一玉江さんの「カトマンズの街角」は「離れて見るほど奥行きが感じられる不思議な絵ですね」との声が多く聞かれました。お客様も目がこえていますね。
 

マフラー・割烹着

 投稿者:夢彩園  投稿日:2012年10月28日(日)17時09分0秒
  いよいよ出展品の紹介も最後になりました。
寺島さんの染織のタペストリー「こはるの部屋」はご自分で染められた糸を織った淡い色合いのグラデーションが見事です。お孫さんの誕生を機に成長されたときに部屋に飾ってもらえたらという願いを込めて作られたものです。見逃されたかたは11月25日まで小淵沢のCRAFT・BAN(0551-36-3885)で3人のマフラー展をやっていますのでごらんください。
杉浦さんのワイシャツ割烹着は使用済みのワイシャツを利用した割烹着でそのアイデアと使いやすいデザインが女性がたに大人気です。みなさん早速やってみようといっておられました。このような発想はどこから浮かぶのでしょうか。これからもいろいろ考えて作品つくりを期待しています。
ということですべての作品の紹介が終わりましたがいろいろ作者のかたには失礼があったかと思いますがお許しください。
まだ続きますので夜の部も読んでください。
 

トールペイント・ケース

 投稿者:夢彩園  投稿日:2012年10月26日(金)22時05分20秒
  高野さんのトールペイント締め切りぎりぎりに間に合いました。お忙しいのに申し訳ありませんでした。今回は木だけでなく、磁器に描いたお皿3枚も出品していただきました。製法をお聞きできませんでしたが
描いてから焼くのでしょうか。洋風の絵柄が磁器にもピッタリで使ってみたくなる作品です。
中島さんのアイフォンケースはビーズを使った若い人ならではの作品で、きれいにかがやく淡いピンクが魅力です。ケースは機種によってサイズが違うので譲ってほしいとの声が多かったのですが残念ながらお断りでした。自分ならではのオリジナルで飾れるのがうらやましいですね。
 

レンタル掲示板
/28